2014年6月13日金曜日

源流を求めて 見つけました 決め手は樋・碑  九名井?(伊丹市)


九名井 今日こそは と思い、探索です。
今日はいつもとチョット違い  川にある樋を先に調べ 堤防に上り樋を調べる
2段階に分けて調べました。
ありましたありました。
その前に これは 箕面川
          猪名川との合流地点です。 水が流れていません。そんな川中を横切ります。

では 樋は上流から
            ①      ②        ③
これは 猪名川です。軍行橋の下流から イオンモールの桑津橋までに3つの門・樋が
②は排水口 のようです。


③ 堤防の上では 逆 川を上る   これは雨水排水



別件・堤防に碑が
 
千鳥なく ゐなの河原を 見るときは大和恋しく 思ほゆるかな
紀貫之 古今和歌集より
昭和58年11月
伊丹市文化財保存協会

もう一つ
中村地区整備事業  完成記念碑
内容を読むと
 1940年大阪空港拡張工事に従事した労働者(主に韓国、中国人)の飯場が建てられ、
戦後も、国有地に引き続き居住するという不正常な状態から、生活環境等の整備が遅れ、
適切な市街地形成がなされていなかった。
 2001年から2008年まで
 156世帯 361人
 碑 2009年3月


② この樋は 川に水が流れていますので 排水門となります。

③ 2枚目の写真に説明版が

三ケ井用水樋門
猪名川土地改良区連合
かんがい用水
しろかき期     6/23 ~ 7/2
普通かんがい期  7/3 ~ 10/1

これで3つの樋が分かります。 くみ取りには ③の三ケ井用水樋門となるわけです。
やったー  ではない 「九名井」でないから すると 堤防の下水路の東側に石碑が
水門と 樋 うむうむ となりますが!  ちょっと納得いきません。
豊中では原田の水路を「九名井」といっているが、この碑には 
 伊丹の「九名井」豊中の「原田井」と記されている。

飛び立つ飛行機を取ると右側に碑が
猪名川土地改良区連合の碑  ちょっと違うようだが
堤防からはフェンスが張られ 入り、確認することが出来ません。
空港横の道から入れるか見ていると フェンスがない隙間がありました。
この碑 自由に見れるようにしてほしいものですね。
フェンスがないところに来ましたが、濠が深く渡ることが出来ませんでした。
近くで見れるようにして欲しいものです。

これが決めて  猪名川土地改良区連合の碑」には

豊中市原田井土地改良区

伊丹市九名井土地改良区

伊丹市森本井土地改良区
     三ケ井統合三十周年記念
  平成二年五月三十日(1990)     
     読み取れず 再度 撮影に 6/13

右側面に 豊中市水道局
       伊丹市水道局

 また地図上ではこの地区を 伊丹市「中村」 という。
     



ここが 取り入れ口でしょう。 下流を探索

樋の裏側から堤防を見る 

水をたたえた水路が出現  
一度 空港内に入るのか 暫くすると 空港のフェンスから水路が現れる。

空港の西側を流れる水路 

左は空港敷地  道路を挟んで 並木道 その右に水路がある。
遠くに山のように見えるのは 
子どもたちの理科教育 プラネタリウムが見られる

この後は 交差点「空港地地下道西」になる。
そのページを参考してください。

次に ここからの水路が豊中にどのように流れているかが
そこを解決したら いいのだが!

九名井の源流さがしは これが ①
伏越樋


経過
 きっかけ 豊中の町案内で探索  3/11   自前の案内板

 豊中の伏越樋                        2014年4月22日火曜日    

 源流を訪ねて 九名井は     2014年6月9日月曜日

 源流を求めて 九名井の伏越樋          2014年6月12日木曜日

0 件のコメント: